fbpx

銀座やまの辺 内装デザイン&グラフィックデザイン制作

日本全国からシェフが厳選した旬の食材を粋に味わう中華料理、それが「江戸中華」。
この夏、新しいコンセプトの高級中華料理店が銀座に誕生しました。

オーナーシェフを務めるのは数々の高級中華料理店で総料理長を務めた、山野辺仁氏。
体に優しく健康的な中華料理をはじめとして、マクロビオティックなども取り入れた新しい日本の中華料理を日々研究する意欲的なシェフで、東日本大震災の復興支援活動団体「Power of Japan」の副代表理事として、被災地での料理教室などの活動でも知られる若き料理人です。

そんな山野辺氏が自身の名を冠した「銀座 やまの辺」を銀座八丁目で立ち上げるにあたって、今回ROOM810では店舗の設計デザインから施工、名刺やDMなどのグラフィックデザインまでを担当させていただきました。

銀座の喧騒から離れた、地下の落ち着いた空間で料理人とじっくりと向き合い、四季を味わう。
江戸中華を意識した筆文字で書き起こされた店名ロゴが、新店舗にも関わらず優しい光で自然と銀座の街並みに溶け込む仕上がりとなりました。

2015年8月21日に正式OPENとなった「銀座 やまの辺」。
たまたま山野辺シェフと頻繁に打ち合わせを重ねている時期に弊社代表・丸山が誕生日(7月1日)を迎えたため、毎年開催されている恒例のバースデーサプライズの仕掛け人としても、山野辺シェフにはご協力をいただきました。

「なぜ中華の山野辺さんがメキシコ料理の店を視察したいんだろう」
と一抹の疑問を抱きつつも、誕生日当日の夜に「どうしても視察したい店がある」と持ちかけられた丸山は真面目に指定された時間へ六本木ミッドタウンへ登場。
合流した山野辺シェフと共にROOM810スタッフが待ち構えるメキシコ料理店に入店し、めでたく8年連続のサプライズ成功となりました。
パーティーまで参加してノンアルコールなのに一番盛り上げてくださった山野辺さん、本当にありがとうございました!

しまけん(島 健)

1977年7月18日 京都生まれ AB型

漢字で2文字、平仮名で4文字。日本で最も短い四文字のフルネームを持つわりに「メールが長い」「話が長い」「ヒゲが長い」と毎度長いことでダメ出しを受ける減点法の男。余りの呼びやすさに、家族も彼を「しまけん」とフルネームで呼ぶ。

代表・丸山とは以前からの知り合いだったが、結婚式の友人スピーチを頼まれた際に「なにかサプライズを」と考えて急に「俺ROOM810に入る」とROOM810社員も唖然とした常識外れのサプライズをかまして入社。
雑誌編集、映像・イベント制作、Web制作、印刷会社など渡り歩いた多彩な会社から来る薄っぺらい万能性を売りにしている。

「参考書でもマンガでも一度読めば全部記憶できる」という異常な暗記力を活かして早稲田大学政治経済学部に潜り込むなどROOM810随一の高学歴と雑学力を誇るが、最近はなんでもスマホで調べられるので「博学」としての存在感は低下気味。
それでも過去数十年のBillboadチャートから世界中の歴史や地名・人名、そして「俺は数字に強い」と語る根拠になっている阪神タイガースに在籍する歴代選手の打率や防御率など、精密機械のように記憶しており、無駄な高学歴を活かした長文ブログや顧客分析を得意とする。

現在はROOM810三本柱のひとつ、グラフィック部門の責任者的なポジションだが、どちらかというと企画系に強く、ROOM810で作成されるほぼ全ての企画書やホームページの文章、コンセプトなどのライティングを担当。
人生のバイブルは「ジョジョの奇妙な冒険」。好きなバンドはU2とRAGE AGAINST THE MACHINEとAC/DC。
趣味は街歩きで、最近もっぱら頭頂部に空きスペースが目立ち始めた父親に似合う帽子を求めて、休日は都内を彷徨う日々を送っている。

関連記事

PAGE TOP