fbpx

S社 札幌オフィス内装デザイン

カリブ海のあるホテルのラウンジ

2019年 株式会社ROOM810

鎌田玲 大宅真理:
コンセプト・設計デザイン

S様より、現在のオフィスエリア増床に伴い、社員のためのリフレッシュとミーティングスペースを兼ねた空間のデザインを手がけました。

既存エリアとはイメージをカラッと変えたい、キューバのような色合いやイメージもいいね、などのご希望をお聞きし、ROOM810からご提案したコンセプトは、「カリブ海のあるホテルのラウンジ」。

スペースを3つに分け、それぞれテーマカラ―を設定しました。
まず、既存オフィスエリアとの間仕切りに、横幅4mのガラス窓に、社名をデザインしたビッグペイント。
プロのぺインターさんに描いていただき、金色の文字部分には、なんと本物の金箔を使用しています。
こだわりのペイントとヴィンテージ感のある個下パネルの間仕切りで、空間イメージ切り替えを目指しました。


ガラス越しに見えてくる、フリースペースは、全体の淡いイエローと、ホテルのラウンジをイメージした床のチェッカータイル、そして、ビッグフレームアートが、異空間を演出させます。
ベンチシートの下部には、電源とUSBタップを設置し、オンラインミーティングも対応可能です。
照明も、既存の蛍光灯照明に、ダクトレールを追加で設置し、可愛いペンダント照明を設置。
テーブルとスツールはあえて数を減らして配置し、打合せ人数に対応したフレキシブルな空間にしました。

フリースペースと隣接して、グリーンの会議スペース、ピンクのWeb会議スペースが見えてきます。

会議スペースは、5~6名程度の打合せで、ホワイトボードを使った打合や、机や椅子を移動させてたり、状況に応じた使い方が出来る空間を目指しました。

Web会議スペースは、音の反響を考慮し、半個室空間を2つ作りました。2つの空間に連続性をもたせるため、壁面にはROOM810オリジナルデザインの大きなデザインクロスを貼りました。


オフィスチェアと照明も、雰囲気を合わせて、ついつい長居してしまうような、落ち着く空間に仕上がりました。

PAGE TOP