fbpx

「GAMBA 〜ガンバと仲間たち〜」

東映系全国300館超で公開された映画「GAMBA〜ガンバと仲間たち〜」の広告宣伝を手がけました。

2015年 株式会社ROOM810

・広告企画制作
・SNS
・WEB

島 健:
Creative Director
鈴木 友子:
Promotion
丸山 慎二郎:
Producer

東映系全国300館超で公開された映画「GAMBA〜ガンバと仲間たち〜」の広告宣伝を手がけました

「ALWAYS 三丁目の夕日」「STAND BY ME ドラえもん」などのヒット作で知られる、日本を代表するCG映像制作会社「白組」。

この白組が構想10年をかけて世界市場を視野に完成させた3DCG映画が「GAMBA 〜ガンバと仲間たち〜」。
岩波文庫の名作「冒険者たち」やアニメ「ガンバの冒険」で知られる、あのガンバを、映画「アイアンマン」「スパイダーマン」で知られるハリウッドの巨匠アヴィ・アラッド氏をエグゼクティブ・プロデューサーに迎えてフルCGで映像化した作品です。

私たちROOM810は本作で広告宣伝を手がけ、109をはじめとする渋谷駅前の四ビジョンや全国の家電量販店店内ビジョンなどでの映像広告出稿や全国放送のラジオ番組での告知、オフィシャルFacebookページの展開など幅広くお手伝いを致しました。

公開1ヶ月前に「いいね!」が300程度と少し伸び悩みが見られた公式Facebookページは、ROOM810のプロモーション後に短期間で「いいね!」数が12,000と40倍に伸び、コンテンツの周知に同じくROOM810がプロモーションを手がけたオフィシャルTwitterと並んで、大きな役割を果たすことが出来ました。SNSは海外のファンからも支持され、海外の各種映画祭でも受賞歴を持つ作品となりました。

こうした広告のお手伝いがご縁で、映画公開終了後に「GAMBA 〜ガンバと仲間たち〜」に出てくる、絶望的なまでに強すぎる敵役、イタチの「ノロイ」のオブジェを譲り受けました。

ノロイは現在もROOM810の社屋屋上で街行く人に対して圧倒的な存在感を放っており、ROOM810が位置する荒川区町屋(千代田線町屋駅)のシンボルとして、クリスマスや天王祭の時期に街の方々に親しまれる一方で、ビルの屋上に異様なオブジェがある会社として、「モヤモヤさまぁ~ず」をはじめとする各種メディアにROOM810が出演、取り上げられるキッカケをくれました。
大変思い出深いお仕事のひとつとなっています。


クライアント : 株式会社白組
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-2-18

  • テレビコマーシャルのアニメーションおよびヴィジュアルエフェクト部門の企画製作
  • 劇場用長編実写映画・アニメーション映画、テレビ用実写番組・アニメーション番組の企画製作
  • 劇場用映画のヴィジュアルエフェクト部門およびタイトルの製作
  • 見本市、博覧会などの大型特殊映像の製作
  • プロジェクト・マネジメント
  • サービス・マネジメント
  • コンピュータ・グラフィックスを使用した映像の企画制作

株式会社白組 WEB

GAMBA 〜ガンバと仲間たち〜 WEB

PAGE TOP