ROOM810|EVRYDARYFRIDAYROOM810|EVERYDAYFRIDAY | ROOM810は、建築・内装・グラフィックデザイン・メディア・企画など各分野のプロが集って起ち上げた「サービスのデザイン」を行う企業です。
EVENT   復興支援系イベント PRESS    その他お知らせ系

EDITOR by  しまけん

「ONE HEART SHOWER IN 東北」延期のお知らせ

 

株式会社ROOM810ではこの度の熊本地震の発生を受けて、来たる5月21日(土)~22日(日)に東日本大震災の被災地で予定しておりました「ONE HEART SHOWER IN 東北」を延期して、「pray for 熊本」をテーマに5月21日(土)に都内・自社イベントスペースにて震災復興支援イベントを開催する運びとなりました。

イベントの詳細は改めてお知らせします。

既に告知していた5月21日(土)~22日(日)の東北行きについては現地への同行を希望される有志の方、支援物資の提供を申し出てくださった方も多くいらっしゃることから、本日は「ONE HEART SHOWER IN 東北」延期の理由についてまずは説明させてください。



 

我々、株式会社ROOM810は2011年以来、東日本大震災の復興支援活動に取り組んで参りました。

「東京で長く気軽に続けられる、皆が参加できる支援」をテーマに、ほぼ2~3ヶ月に一回のペースで自社イベントスペースにて東北のお酒を楽しんでいただく交流イベントを合計24回開催してきました。

そこで得た寄付を基金に、過去三回被災地へ赴いて慰問ライブや炊き出しなど、微力ながら復興支援活動を続けて参りました。今回また基金が貯まったことで5月21日(土)~22日(日)に再び東北へこれまでイベントに参加してくださったのべ1,500人の方々の気持ちを届けに行こう!と貸切バスの手配や参加いただけるアーティストさんとの折衝を重ねていた先週、熊本での大規模地震発生の知らせが入りました。

今はまだ安否の確認が取れない方も沢山いらっしゃる状況で、東京の法人として私たちが出来ることは少ないのも事実です。しかし、これからGWを迎え、熊本県のみならず九州各地で一番の書き入れ時に観光業が打撃を受けることは想像に難くありません。

何度訪問しても仮設住宅の減らない東日本大震災の被災地を知る者として、「私たちがやっているのは東日本大震災の復興支援だから」「熊本は遠いから」で済ませて、このまま5月に東北へ行く準備を進めて良いのか。社員全員で話し合った結果、5月21日は「東北へ行く日」ではなく「熊本へ思いを届ける日」へと切り替え、東北へはまた日を改めて前回「また会いましょう」とお約束した皆さんへ笑顔を届けに行きたいと思います。

5月21日(金)開催の「ONE HEART SHOWER pray for 熊本」詳細については、改めて近日中に告知致します。東京で出来る支援として、今回の地震で打撃を受けた熊本の食材などを買い付けて、都内で熊本を応援する気持ちを持つ飲食業の皆様へ仲介、またイベント当日に熊本の食を味わっていただく会にしたいと考えています。

また、「ONE HEART SHOWER IN 東北」についても、改めて振替日程をご案内します。当日、東北への同行を申し出てくださった有志の皆さん、誠に申し訳ありません。ぜひ5月21日はバスではなく荒川区町屋のROOM810 LOUNGEへお越しいただいて、一緒に熊本で被災した皆さんへ思いを届ける会にしましょう。

これからもONE HEART SHOWERは被災地へ思いを届ける活動として、ずっと継続していきます。東日本大震災は発生から五年を経て、復興支援に取り組むボランティアの数も減り、メディアで取り上げられることも少なくなってきました。

私たちの活動は微力ではありますが、「長く続けられる」「ずっと震災のことを忘れない」「ずっと震災のことを忘れていない人が東京にいる、という事実を被災地へ届ける」ことを最優先にこれまで続けてきました。

これからも、自分たちで出来る範囲で、ROOM810が続く限り復興支援を続けて参ります。

東北へ、そして熊本へ。

被災地に笑顔と東京との繋がりを届ける私たちの活動、ONE HEART SHOWERにこれからもご理解とご支援を宜しくお願いいたします。