ROOM810|EVRYDARYFRIDAYROOM810|EVERYDAYFRIDAY | ROOM810は、建築・内装・グラフィックデザイン・メディア・企画など各分野のプロが集って起ち上げた「サービスのデザイン」を行う企業です。
FRIDAY   スタッフの雑談

EDITOR by  アッチ

 


アッチ版:夏の自由研究 夏と言えばこれでしょ!?

 

 

こんにちは、近藤です。

今回、会社から頂いた宿題は夏の思い出。

私の夏の数ページをご紹介いたします。

写真は「夏」にまつわるものの一つですが、こちらは最後に。

※私のバイクを燃やした犯人の写真ではありません。最後に彼がどうなったか気になる方は最後までお付き合いくださいませ(笑)



プロフィールをご覧になった方はご存じかもしれませんが、

私は長崎県の佐世保で育ちました。

佐世保の中でも市街化調整区域になってる地域で、

一言で言ってしまえば「田舎」なんですが、

自然が豊富などことなく昭和の雰囲気が残る街で育ちました。

その町では、夏と言えばこれです!!
ホタル!!
ちょっとわかりづらかったかもですが、
夏になると無数の蛍が見れたんです!!
柚木町っていう町なんですが、
ホタルの里としても町おこしをしていて、山道の川沿いに見物の車が並んでました。
実家の前にも小川が流れていて、
小さいころにホントに星みたいに飛んでるホタルを見たのはすごく記憶に残ってます。
東京に出てきて12年、ホタルなんて最近全然見てないなーと思いながら今書いてます(笑)
今度帰省するときは夏に帰ろう…
さて、山の麓で育った私ですが、
佐世保は軍港の街です。
夏休みになると、親父に磯釣りに連れてってもらった思い出があります。
夏だとキス釣りが多かったですかね。
釣りに出かけてたのが九十九島というところで、
こちらはラストサムライの撮影にも使われ、景色がすごくいいところです。
九十九島の景色も良いんですが、
自分が夏に良くみてたのがこちらです。


港の夜景です。
佐世保には、自衛隊、米軍、造船所があり、個人的にはこの景色も佐世保ならではの光景で好きですね。
ベタですが、夏になると夜景を見に行くカップルも多かったです。
十代の夏の思い出ですね。
そして、
十代の夏の思い出と言えばこのひと!!
長嶋三奈さんとひと夏の恋!!
ではなく…
球児の憧れ!甲子園!!
高校生の球児の夏はもうこれしかありません。
夏と言えば甲子園!!
え?春もあるじゃんって?
いいや、夏なんです!
特別なんです!!夏は(笑)
いやーこの方の取材を受けて熱闘甲子園に出るのに憧れますよね。
残念ながら、初戦敗退でしたが…
いい汗流してました。輝いてました。俺(爆)
そんな青春の高校時代でしたが、
20歳で東京に出てきます。
そして出会ったのがこちら。
サウンドシステム!!
なんじゃこれ!ですよ。
佐世保にはなかった。確かになかった!!
音楽をこんな大きなスピーカーで聞くなんて、ホタルを眺めていた自分には想像できなかった!!
確かこの写真のシステムがはじめてみたシステムかな?
野外のレゲエのイベントに連れてってもらって衝撃を受けたんですが、
今では夏の定番となっております!!
そしてこれも、夏のお供には欠かせません!!
ビーーーーーーーーーーーる!!BEER!!
やっぱりこれですよね!!
夏は音とビールがあれば満足です!!(笑)
 結局夏はビール!!
って流れですが最後に燃える箱を持った青年のその後です。
ぎゃーーーーーーーーーー!!
燃えてます!!
うわーーーーーー!!
ってこうなりますよね。
やんちゃな学生時代の火遊びの思い出ではないですよ(笑)
こちらも実は夏ならではの光景。
初盆を迎えた故人の家族たちが、盆提灯や造花などで飾られた精霊船(しょうろうぶね)と呼ばれる船に故人の霊を乗せて、
「流し場」と呼ばれる終着点まで運ぶ風習が長崎ではあります。
船を運ぶ間、みんなで爆竹を鳴らしてにぎやかになります。
とゆうよりかなりうるさいです(笑)
こわーいお兄さんたちの集会の儀式ではありません。
あくまで、仏教の行事です。
とゆうことで、お盆=爆竹ってイメージは長崎出身者は持ってるんじゃないでしょうか?
東京でやったらダメですね(笑)
なのでお盆にはこんな光景も見られます。
お墓でも爆竹鳴らしちゃいます(爆)
私が育った佐世保では長崎市内程ではないですが、
本場長崎市内はすごいです。
夏に長崎に行く機会があれば是非見てみてください。
1
というわけで、アッチ(近藤)版:夏の自由研究「夏の思い出」でした~
なんか、地元ご紹介みたいになってますが、
九州にお立ち寄りの際は長崎にもどうぞお越しくださーい♪