ROOM810|EVRYDARYFRIDAYROOM810|EVERYDAYFRIDAY | ROOM810は、建築・内装・グラフィックデザイン・メディア・企画など各分野のプロが集って起ち上げた「サービスのデザイン」を行う企業です。
EVENT   復興支援系イベント INTERIOR  内装・デザイン系 MEDIA   ラジオ・イベント系 PRESS    その他お知らせ系

EDITOR by  しまけん

ノロイ

世界でいちばん怖いホワイトクリスマスを町屋で体験

 

株式会社ROOM810はこの度、社屋の屋上にイルミネーションとオブジェの設置を行いました。

テーマは「世界でいちばん怖いホワイトクリスマス」。

荒川区町屋のクリスマスを彩るのは、「白い悪魔」ノロイです。

日本中に溢れるハートウォーミングで可愛らしいイルミネーションやクリスマスの飾り付けの真逆を行く、インパクト絶大で背筋が凍るような「ホワイトクリスマス」のイルミネーションをぜひ見に来てください。

なぜこんな巨大オブジェがROOM810にやって来たのか、設置の模様、ロマンチックな雰囲気にならないこと間違い無しのオススメ写真スポットなどをこの記事でご紹介します。最後までご覧ください!

GANBAポスター
2015年10月10日より全国300館で上映された映画『GAMBA 〜ガンバと仲間たち〜』で主人公ガンバたちの前に立ちはだかった恐怖の悪役・ノロイ。アニメ『ガンバの冒険』での「子供向けアニメとは思えない怖すぎる敵」として圧倒的な存在感で日本中の子どもたちにトラウマを与えたノロイが野村萬斎さんの声でさらにパワーアップして日本中のお子さんを恐怖のどん底に叩き落としました。

ノロイのオブジェは今回映画で声優としてノロイ役を演じた野村萬斎さんと共にイベントに登場した後、宣伝カーに乗せられて都内各地を走り、最後は映画館に設置されていたのですが、該当映画館での公開終了を受けて、『GAMBA 〜ガンバと仲間たち〜』の広告宣伝を手がけたご縁で、荒川区町屋にある私たちROOM810の屋上でオブジェとして、活躍してくれることになった訳です。

映画館へ足を運んだ人だけではなく、皆さんに『GAMBA 〜ガンバと仲間たち〜』という作品を楽しんで、愛して欲しい。ノロイの存在感を皆さんに伝えたい。そしてなにより私たちのオフィスがある荒川区町屋という街を活性化したい。TOKYO L.O.C.A.Lという荒川区町屋を盛り上げる運動を展開しているROOM810の主旨に賛同して、快くノロイの譲渡と設置を許可してくださった映画制作会社・白組と関係者の方々に心より御礼申し上げます。

2015年11月某日に行われた搬入の模様をちょっとご紹介しましょう。

町屋にノロイがやって来た
映画館から車でROOM810オフィスまでやってきたノロイ。

トラックの荷台からはみ出したノロイは迫力充分。恐らく後ろを走る車を運転する人たちは「?」マークが一杯だったのでは無いでしょうか。オフィス前の商店街を歩く人たちも驚きの目を向けています。

ノロイとチャーハン
信号待ちをするノロイ、とチャーハン(ROOM810社員のあだ名です)。

ROOM810にノロイが来た
オフィス2階から運搬の模様を。こんな大きさのもの、とても手で抱えて階段を上がるわけにはいきません。

どうやって設置するのでしょうか?

ROOM810社員とノロイ
とりあえずオフィス前に降ろして、当日いた社員で記念写真を撮ってみました。

マンプク
ノロイの胸元にしがみついているマンプクをクローズアップ。

細部まで作り込まれた、見れば見るほどすごい存在感です。さあ、いよいよ屋上へ。

釣り上げられるノロイ
釣り上げられるノロイ
出ました、クレーン車が登場!

クリスマスのイルミネーションを設置するためにクレーン車を動員する馬鹿、もとい会社がどこにあるでしょうか。

ここにあります。

ROOM810は「屋上にすごいオブジェを付けて町屋の人をビックリさせたい」という一念で、クレーン車まで呼んでしまいました。繰り返しますが、こちら「クリスマスの飾り付け」風景です。当日ご協力いただいた御礼はもちろんですが、ROOM810代表・丸山から「屋上に怪獣を付けたい」「怪獣を吊り上げて欲しいんですよ」と良くわからないパシフィック・リム的な依頼を受け、恐る恐る「すみません、なんか怪獣の件でご担当の方いらっしゃいますか」と折り返しお電話を返してくださった運搬/設置業者の皆さま、その節は本当に申し訳ありませんでした…。

「楽しいことは続けられる」「楽しいことは正しい」「だから会社でも全力で楽しいことをしよう」

そんなスローガンを掲げてふざけたことや思いつきに全力投球するROOM810、今日も元気に営業しております。

釣り上げられるノロイ(下から)
とはいえ、僕たちROOM810はもちろん、クレーンを操作する方にとっても、こんな不安定な形の怪獣を吊り上げるのは珍しいお仕事のようで。バランスを崩してオフィスにノロイが突っ込んできたら映画を超える大惨事になってしまうため、慎重に吊り上げ作業を行います。

オフィスにいる社員が全員仕事も手に付かず息を止めて見守る中で、少しずつノロイが屋上に向けて上がっていきます。

オフィスから釣り上げられるノロイの様子
オフィスの悠ちゃん(齋藤)・こっちゃん(込山)デスク付近から見た吊り上げの模様です。

怖い。目が合うだけで結構怖いです。

ついにROOM810の屋上にノロイが
町屋を見下ろすノロイ
そして遂に無事屋上へノロイ様が到着!

町屋を見下ろすノロイ
予想通りすごい存在感です。まるでROOM810オフィスがノロイ様に支配されたような仕上がりになりました。

交差点の向こう側からもハッキリと見えて、さっそく信号待ちの人たちからも「あれはなんだ」と驚きながら指差したり、上を見上げている様子がオフィスからも確認できました。自転車に乗っていて何気なく上を見上げて、驚きのあまり自転車から落ちそうになる人も。ごめんなさい、慣れてください。ビックリさせてごめんなさい。

ROOM810と一緒にこの「町屋にノロイを呼ぼう」プロジェクトを進め、当日もノロイ搬入・設置とイルミネーションにご協力をいただいた株式会社三企(ROOM810代表・丸山のお兄さんが経営する会社です)の皆さんに、この場を借りてもう一度御礼を申し上げます。

「ビルの屋上に怪獣を設置する」とだけ聞くと、なんか面白半分でふざけているように見えますが、生まれ育った町屋をもっと盛り上げたい、町屋の人たちを喜ばせたい、「自分たちの街にはこんな面白いところがある」と知って欲しいという丸山兄弟と私たちROOM810の情熱は本物です。真面目に、いつか私たちのオフィスが町屋のランドマークになれるように、これからもふざけた仕掛けやイベントなどを繰り出していきたいと思います。

三企とROOM810の、そして荒川区町屋のこれからに、益々ご期待ください!

町屋で一番恐ろしいノエル

ノロイ de ノエル

ROOM810 2Fのテラスから顔を出して1Fから写真を撮ると、こんな感じでロマンチックなホワイトクリスマス感漂うイルミネーション写真を撮ることができますよ。他の人とかぶらない素敵なイルミネーションをお探しの皆さん、冬のテラスで夜景を見ながら告白をしたい皆さん、ぜひROOM810へお越しください。写真では伝わりませんが、ライトアップされて様々な色に変わるノロイ様は不気味素敵の一言です。

まもなく、皆さんのお手元に毎年恒例ROOM810からのクリスマスカードが届きます。

今年はもちろん、ノロイを全面にフィーチャーしてROOM810スタッフ全員がノロイを見上げているイラストに仕上げました。

こちらも楽しみにお待ちください!