ROOM810|EVRYDARYFRIDAYROOM810|EVERYDAYFRIDAY | ROOM810は、建築・内装・グラフィックデザイン・メディア・企画など各分野のプロが集って起ち上げた「サービスのデザイン」を行う企業です。
FRIDAY   スタッフの雑談 INTERIOR  内装・デザイン系

EDITOR by  こっちゃん

 

いろんな金物たち


 
みなさまこんにちは。
こつおです。
以前ROOM810でスタジオのデザインをさせていただいた
En Dance Studio のPURIさんに「こつお」と呼ばれてから、すっかりあだ名浸透中です。
Enさんのときもそうですが、デザイン・設計をするとなると、パッと見た空間の印象だけでなく
ドアのハンドルや鍵やら何やら、とにかく色んな細かいものを選びます。
今日はそんな「金物」のお話をします。


 
金物と一口にいっても色んなものがあるわけですが、
最新のデザインのハンドルから、いつのものだからわからない把手とか。
色んなものがあるあまり、見ててもずっと飽きません。
しまいには集め始めます。
 
つまり私は金物が好きなんです。
 
社会人になって早1年数ヶ月、貧乏学生の頃よりはお金もあるわけで、
見てほしくなるとドアハンドルとか買っちゃうわけです。
 
ですが、別に買ったところでそんな頻繁に交換するものでもないんですね、ハンドルなんて。
最終的には私の部屋の出窓にちまちま飾られるだけ、買われたわりに日の目をみない。
可哀想ですね。私の部屋はそんなガラクタばかりなんです。
 
はい、というわけで
「金物の話」とかそれっぽいことを言いましたが、
今日は「こつおの部屋に眠るガラクタをお披露目する会」にします。
 
 
【1】
カラーノブつき表示錠
メーカー:COLT ?
記念すべき1つ目です。
まずパッケージがかなりいいです。(トップの画像です)
こんなムラのある印刷なかなか見ません。
中身もなかなか。べったり塗った感ある水色に一目惚れです。
メーカーを調べてもよくわからないので、
いつ作られたのかもさっぱりです。
 裏がこんな感じです。
実際見てみると、仕組みがよくわかります。意外と構造は単純です。
 
 
【2】
メーカー: ?
これに関してはよくわかりません。
使い方もイマイチわかりません。
とりあえず、鍵です。
ただ金属のこの色がたまらん~。です。
経年変化で変色していて、もはや緑です。蛙みたいな色してます。ちなみに蛙もすきです。
プラスチックは古くなると、ボロボロになる一方ですが、金属はとにかく味がでます。
鉄やステンレス、アルミ、銅など、金属にも色々ありますが、
鉄だけでもそこから更に仕上げ色々。
その分、変化の仕方も様々です。
 
ちなみに鉄は丈夫でかっこいい上に、
土の上に放っておけばいつの日か土に還ります。優秀すぎますね。
 
 
【3】
網戸ロック
メーカー: ?
網戸ロックです!!
これは今でもホームセンターとか行くと売ってます。
それの昭和版です。
窓をちょっとだけ開けて出かけたいときに、全部はあかないように窓のサッシに取り付けます。
 
なんとこれ、1個100円です。
高校生のころでも買えた、思い出の品です。
ちなみにつまみのところ
「ベンリシマリ」とかいてあります。意味がわかりません。
昔のものはこういう謎のニュアンスがあって面白いです。
 
 
【番外編】
タイのお菓子
金物ばかりじゃつまらないので、
最後に番外編。
タイのお菓子です。
 
海外にいくと変なパッケージのお菓子がたくさん売っていて、それを集めるのも面白いです。
そして、大抵まずいです。
 
1枚目は、かぼちゃの種です。
大量買いして試しに食べたら、タイの人はどういう味覚か、
食べれたもんじゃないってくらいしょっぱかったです。
ただパッケージは最高!です。
なので数年前は、「これ超おいしいよ!!」と笑顔で友人にばらまきました。
2枚目は、未だになんだかはっきりしません。
多分ガムです。
とにかくパッケージが最高!です。
怪しさ満点、食べさせる気ないですね。
 
最後に私の最大のお気に入りを。
以前ROOM810の朝礼でも紹介したのがこちら。
これ、おそらくアレのパクリです。ドイツのアレです。○リボです。
中身もわりと似てます。
ただ、色の鮮やかさとグミの艶がぜんぜん違う!本家はすごいっす。
 
ちなみにこの子、購入したのが確か3年前。
 
この悪ふざけ具合がたまらず、この間タイにいった友達に買ってきてもらったのがこの子。
完全に寄せにいってます!!
 
すみません、最終的になんの話だかわからなくなってしまいました、が、
とにかく我が家に色々眠っているので、
またお披露目会をしたいと思います。
 
みなさまお付き合いいただきありがとうございました。
 
今後共こつおをよろしくお願いします。