fbpx

長岡造形大学生ハヤトくんのインターンシップ~ 後編~

T.L.B.でランチ

ROOM810のケイティです☆

新潟県の長岡造形大学建築・デザイン学科3年生、ハヤトくんのインターンシップについて全5日間をブログとして、前回は最初の3日間を〈前編〉ご紹介しましたが、今回は後半の2日間を〈後編〉としてお伝えします。

昨年はカナダの大学生のあかりんがROOM810にインターンに来てくれました!その様子も是非こちらからご覧ください。

インターン後半の取り組み(後半)について

インターンの課題は「小倉新築マンションのインテリアスタイリング」。
後半の2日間は、ハヤトくんに最終日のインテリアチームメンバーへのプレゼンに向けてスタイリング提案のまとめをしてもらいました。
課題の内容は

【前半】
1日目: お客様から頂いたマンションのパンフレットから平面図(白図)を作成。
※白図…壁や家具など何も書かれていない、躯体のみ、スケルトン状態の図面のこと。
2日目: お客様からのヒアリングシートをもとに家具セレクト&レイアウト。
3日目: 家具リストを作成しつつインテリアスタリングのまとめ。
【後半】
4日目: 3日目に作成した購入品リストの仕上げと概算見積書の作成。
5日目: スタイリング提案書のまとめ~プレゼンテーション。

■4日目
まずVectorworksやIllustratorを使って購入品リストを仕上げてもらいました。
購入品リストとは、言葉の通り、部屋にレイアウトした家具・照明・観葉植物など購入するアイテムの写真やサイズ、仕様、価格などをまとめたものです。部屋に配置するアイテムのデザインやカラーが一目でわかるので、空間全体のインテリアイメージをお伝えする際の大切な資料です。
ハヤトくんには、お客様の理想の暮らしを実現するためにどんな提案をすれば喜んでいただけるかをとことん考え、ROOM810の大切にしているD.M.Y.K.(どうしたら、もっと、喜んでもらえるか、考える)の視点でリスト作成をしてもらいました。
今回のお客様からのヒアリング内容はこちら↓

◇ 新築マンション~3LDK&バルコニーつき~
女性一人暮らしのアジアンテイストのインテリア ◇

<お客様からのご要望>
・一人でも、人が集まっても、いい感じの空間に
・家具は最小限で、物も少なくシンプルに
・アジアン系インテリアにしたい
・トレーニングルーム(YOGA)を作りたい
・バルコニーでゆったりしたい
・音楽や映画を楽しめるようにしたい

ご要望を受けてハヤトくんが作成した購入品リストはこちらです。

アジアンテイストのインテリア提案

アジアンテイストのインテリア提案2

購入品リスト

次に、ハヤトくんにはこのリストの購入品の金額に、送料や組立設置料なども加えた概算見積書をExcelにて作成をしてもらいました。購入品リストと合わせて概算見積書をお客様にご覧頂くことで、提案内容をご予算感と照らし合わせて検討して頂くことができます。

■最終日の5日目
ハヤトくんには今回のインターンの総まとめとして、スタイリング提案書の作成と、実際のプレゼンテーションをしてもらいました。ハヤトくんがお客様の理想の暮らしを実現するために、とことん考えくれた提案内容を聞くのが私はとても楽しみでした!

インターンプレゼンテーション

最終日のプレゼンテーションの様子

 

今回はハヤトくんがデザイナーとなってお客様にご提案する想定で、私たちインテリアチームがお客様の立場でプレゼンテーションを聞きました。
まず、お客様からヒアリングしたご要望を落とし込んだ部屋のレイアウト、そしてハヤトくんが考えたインテリアコンセプト「アジアンモダン」にあう家具・照明などの購入アイテムについて、デザインや仕様などを説明してくれました。

スタイリング提案

マンションのインテリアスタイリング提案書

例えばレイアウトについては、「新居では物は少なくシンプルに暮らしたい」とのご要望を受けて、LDKにはあえてダイニングテーブルは置かずキッチンカウンターにハイチェアを合わせて食事も取れるようにし、最小限の家具で空間を広々と使えるようなレイアウトに。また、TVコーナーにはゆったり座れるソファやチェアも合わせて、音楽や映画・スポーツ観戦も楽しめるようにし、バルコニーでは人工ラタンのサンベッドなどを配置してゆったりとリラックスできる様に。また、アジアンモダンの家具はダークブラウン系の木色(きいろ)ベースにホワイト系のファブリックを加えた落ち着いたトーンでまとめ、各室に間接照明も加えて、すっきりと洗練されたリゾートホテルのような雰囲気に仕上げたとのこと。
ハヤトくんはお客様の理想の暮らしをイメージし、使いやすさはもちろんプライベートの時間を色々な面から楽しめるよう考えたスタイリングについて、とても落ち着いて、ゆっくりと分かりやすく説明してくれました。

建築・デザイン学科に在籍中のハヤトくんは、普段は設計中心で「今回のようなインテリアスタイリングは初めて」と言っていたのですが、アジアンモダンのコンセプトに合うスタイリッシュな家具などをトータルコーディネートし、レイアウトや暮らし方も含めたスタイリング提案をしてくれました。自分なりに納得するまで調べるハヤトくんの頑張りに私は改めて感心すると共に、提案に対する真摯な姿勢が本当にすごいなと思いました!

そして、特に家具好きの私には、ハヤトくんが和室用に選んだ「kchair」も印象的でした。

k chair

k chair

このチェアの名前は知らなくても、写真を見ると「このチェア、どこかで見たことがある!」と思う、某国内有名家具メーカーの国産第一号のチェアです。ハヤトくんはこの落ち着いたグリーンのチェアを和室の差し色として加えるとともに、このチェアが日本人の体格に合わせるため試作を繰り返し、座面の大きさ・奥行をとことん考えて制作されており、女性お客様にはとても座りやすいことも説明してくれました。こんな説明を受けたら、私なら断然実際に見て・座って・買いたくなっちゃいます!

今回のハヤトくんのインターンを終えて、インテリア提案の際にD.M.Y.K.視点からお客様のご要望に寄り添い、提案する姿勢を大切にしなければ!と改めて私は思いました。

ハヤトくん、ROOM810にインターンに来てくれてありがとう!
ハヤトくんの設計した建築物を実際に見るのを楽しみにしています。

後半インターン2日間を含めたハヤトくんからのコメントは下記のとおりです☆

・インターン4日目は、明日のプレゼンに向けての資料作成をメインに、午前中はプレゼンで使用する購入品リストを作成し、午後からはExcelを使用して概算見積書の作成を行いました。購入品リストでは、相手側に伝わりやすいレイアウトにするために、リストの整頓や配色を工夫しました。概算見積書の作成では、すでに多くの数式が設定されている書式に触れ、改めてExcelの便利さを身に染みて感じました。
・そしていよいよインターン5日目。この一週間で実際の職場の仕事内容や会社の雰囲気を感じて、ROOM810さんはとても居心地の良い会社なのだと分かりました。社員さんの仲が良く、オフィスが常に明るい雰囲気のため私も質問がしやすい空間でした。
最終日ということもあり、昼食は社員のみなさんと集まってTOKYO L.O.C.A.L BASEに食べに行きました。そして午後のプレゼンテーション本番にはTOKYO L.O.C.A.L BASEで買ったTシャツを着て挑みました!
プレゼンテーションでは自分の考えは伝えることが出来たのではないでしょうか。しかしプレゼンを終えて、私はまだまだ学生であるという事を痛感するとともに、この機会にデザイナーとは何か、社会で仕事をするとはどういうことかを学べたことは大きな成果になりました。ROOM810さんで行ったインターンシップの内容や経験で私は1つ大人になった気がします。

私のアシスタントデザイナーとしての日々のブログも今回が最終回です。
約2年間お読みいただきありがとうございました!
これからも株式会社ROOM810のブログでは、店舗・オフィスのデザイン設計やインテリアコーディネート提案などはもとより、弊社の様子もご紹介させていただきます。
デザインについてお困りなこと、ご相談などがありましたら、お気軽にROOM810までお声かけください☆

関連記事

  1. ROOM810植物と環境音とアロマの空間で面接
  2. BLOG#3
  3. インターン最後のプレゼン2
  4. コンセプトカフェの可愛いムードボード
  5. 植物いっぱいのおしゃれなミーティングスペース
PAGE TOP