fbpx

長岡造形大学生ハヤトくんのインターンシップ~ 前編~

長岡造形大学のインターン生ハヤト君

ROOM810のケイティです☆

新潟県の長岡造形大学建築・デザイン学科3年生、ハヤトくんのインターンシップ全5日間をブログとして、今回は最初の3日間を〈前編〉、次回は残りの2日間を〈後編〉としてお伝えします

 

写真中央のハヤトくんとインテリアチームのみんな

写真中央のハヤトくんとインテリアチームのみんな

 

昨年はカナダの大学生のあかりんがROOM810にインターンに来てくれました!その様子も是非こちらからご覧ください。

 

インターンについて

ROOM810では、日程等の調整が可能な限り、随時インターンを受け付けております。
ハヤトくんの場合も、8月初めにインターン希望のご連絡を頂いてから社内で日程等の調整を行い、インターンは9月11日(月)~15日(金)の5日間と決定しました。
新潟在住のハヤトくんがインターンに来る!と決まり、早速同じ新潟出身のROOM810メディアチームのあんなちゃんに長岡造形大学のことを聞いてみると、「うちの実家から近いです!とても優秀な大学です!」とのこと。
あんなちゃんの実家の近くに住んでいるのかぁ…と思うと、私は一気にハヤトくんに親近感がわくとともに、数あるデザイン会社の中でROOM810に興味を持ってくれたことをとてもうれしく思いました。

 

インターンの課題と取り組み(前半)

インターンの初日、ハヤトくんには朝礼でROOM810のみんなに挨拶をしてもらいました。
とても緊張していたと思いますが、笑顔で自己紹介してくれると、新潟からROOM810にインターンに来てくれたハヤトくんにみんなで拍手!
早速「どこに泊まってるの?」「新潟から電車?バス?」「いつまで東京にいるの?」…などなど、ハヤトくんへの質問がいっぱいでました。
優しい雰囲気のハヤトくんは質問にも落ち着いて答え、女子率の高いROOM810に自然に溶け込んでくれて、私もほっとしました(母気分です…)。

初日は社長の丸山より企業理念などの説明を受け、ROOM810について理解を深めてもらいます。
続いて早速インターンの課題に進みました。
今回の課題は「小倉新築マンションのインテリアスタイリング」。
最終日にはインテリアチームのメンバーにハヤトくんからスタイリング提案をプレゼンしてもらいます。
まず前半の3日間の課題は、次の内容です。

  • 1日目: お客様から頂いたマンションのパンフレットから平面図(白図)を作成。
    ※白図: 壁や家具など何も書かれていない、躯体のみ、スケルトン状態の図面のこと。
  • 2日目: お客様からのヒアリングシートをもとに家具セレクト&レイアウト。
  • 3日目: 家具リストを作成しつつインテリアスタリングのまとめ。

ROOM810 では図面作成にVectorworksというCADを使用していますが、ハヤトくんは大学でAutoCADを使っているとのことでした。
そこで今回は使い慣れたAutoCADを使いROOM810の図面フォーマットに沿って、白図作成を進めてもらう事になりました。
ハヤトくんは大学で自分の設計した建物の図面作成もして悪露おり、平面図(白図)もとてもスムーズに作成していました。流石です!
2日目・3日目からは、インテリアスタイリングです。
ROOM810 では、ヒアリングの際にお客様のご要望から、理想の暮らしを実現するためにどんな提案すれば喜んでいただけるかをとことん考えます。ROOM810の大切にしているD.M.Y.K.(どうしたら、もっと、喜んでもらえるか、考える)です。

ハヤトくんからインテリアスタイリングをするのは初めて聞き、まず私からスタイリングの手順を説明しました。
具体的には
・ヒアリングシートから、お客様のご要望をD.M.Y.K.(どうしたら、もっと、喜んでもらえるか、考える)の視点でくみ取る。
・お客様の理想の暮らしを家具等のインテリアスタイリングで形にする。
・お客様がご希望されているアジアンテイストの家具カタログやWEBサイトを紹介し、ハヤトくん自身で家具サイズ・仕様・納期を確認しつつセレクトし提案をまとめる。

という内容です。

ハヤトくんが作成したマンションの平面図&家具レイアウトはこちら↓↓↓

平面図&家具レイアウトの作成

平面図&家具レイアウト

 

始めはレイアウトや動線も考えつつ家具セレクトをしていくのが難しそうだったハヤトくん。
しかしインテリアスタイリングを始めて2日目には、どんどん家具をセレクト&レイアウトし、マンション一室全体をまとめ上げました。

私はその成長ぶりにとても驚いて、ランチの際にハヤトくんに話を聞いてみると、
「今回のようなインテリアスタイリングは初めてなので、家具など知らないことを学ぶのが楽しくて、ホテルに帰ってからも自分なりに調べていた!」とのこと。ハヤトくんの努力と探求心に私はとても感心しました。

 

課題に取り組むハヤト君

課題に取り組むハヤトくん

 

前半インターン3日間のハヤトくんからのコメントは下記のとおりです☆

インターン初日。午前中にはROOM810さんがどのような会社であるのかを社長に詳しく説明していただきました。ROOM810さんは他の企業に比べ、企業理念に力を入れていることが分かりました。企業理念の説明を通して、自分自身の人生理念を考える機会になりました。
インターン2日目、予定通り平面図を完成させることが出来、後からは家具の選定に取り組みました。今までは内装の家具の選定などに取り組んだことがなかったため、苦戦することが多くありました。しかし、知らないことを学ぶ場として良い機会になりました。ヒアリングシートに基づいて多くの要望を取り入れようと考えていましたが、全てを叶えようとすることは中々簡単なことではありませんでした。
インターン3日目。午前中に大型の家具の選定を行いました。家具の選定を行っていると多くのブランドやデザインの知識をつけることが出来るため、今後の活動に活かせそうだと感じました。苦労したことは家具を置いた時の空間の広さなどを実際に感じることが出来ないので、想像で補ってイメージしなければならないことです。
家具の選定を終え、昼食にハンバーグを食べに行きました。TVにも取り上げられた店舗らしく、とても美味しかったです。
午後からは平面図に家具を配置したり、家具リストを作成したりしました。家具リストの作成はこだわり始めればプランターやクッションなど際限がありません。作成にはAutoCADを使用しました。リストをCADで作成したことはなく新鮮な体験でした。課題が徐々に完成が近づいており、とてもワクワクします。

次回はインターン後編をお伝えします。

 

関連記事

  1. オフィスデザインスタジオ改修
  2. 2023抱負プレゼン
  3. チームROOM810わたるさん&まさこさん
  4. ネイル&アイラッシュ&エステサ店舗エントランス
PAGE TOP